PICK UP

日時:3月25日(木)11:00~12:00
場所:オンラインにて開催

2018年から支援スタートした事業者と、2019年より支援スタートした事業者が参加する情報共有会を開催した。
次年度以降、新規事業者に本事業に参画してもらうためにも、先行事業者による取組、工夫した点や苦労した点を情報共有を行った。さらに、事業者同士の横連携も構築することで、本事業に対するモチベーションアップも図った。
はじめに、参加者の自己紹介からはじまり、改めてどのような方々がどのような事業を行っているのか説明。その後、本事業でどのような取り組みを行っているのか、本事業のWEBサイトを例にご紹介し、プロジェクトの全体構造の説明や全体広報、各社ページの紹介等。今後オープンされる事業者さんのページも順次アップしていく旨を共有した。
その後、各事業者さんからどんな事業を行っているか、事業を進めていくうえで工夫したことや大変だったことを共有し、今後、推進していきたい事項などを説明いただいた。

・井上店/ちゃめハウス
檜原村で愛犬と宿泊できることをコンセプトとした「ツリーハウス」感のある宿泊施設を設営。元々、木の上にあるような、本格的なツリーハウス設営を検討していたが、旅館業として運営するうえでは基準を満たさず、部屋の中に木を通したりと材木を活かし、さらに安心安全を考慮した施設を設営した。
事業を推進していく上で、夏場は川遊びのお客さんも多く見えるが、閑散期の利用者をどのように集客するか検討。逆に静かに過ごすことのできる場所でもあるので、その特性を生かしてワーケーションやステイケーションで長期滞在の仕組みも考えていく予定をしている。

・NiijimaFarmers/Niijima 菜宿物語(さいしゅくものがたり)
新島村で農業体験と宿泊が体験でき、東京都の離島という場所で、新たな旅の演出を生み出すプロジェクト。農業体験だけでなく、新島の特色を生かしたアクティビティの体験やその地域でしか味わえない1日1組限定の旅プランを提案。事業を進めていくうえで、トレーラーハウスは建物扱いにならず浄化槽が設置できないといった苦難もあったが、簡易トイレを設置するという方法で設置申請の許可が下りることとなった。
事業を推進していく上で、島の閑散期にどのようにお客さんにきてもらうか、そのためにもトレーラーハウス中心とした、屋外風呂や長期滞在の為の洗濯機等、施設周辺のコンテンツの充実を検討している。

・多摩車両/THE TINY INN
福生市でタイニーハウスを活用した宿泊施設「The TINY INN」とフードトラックを集結させた「Delta EAST」を開始。奥多摩で醸造する「VERTERE」のクラフトビールなども味わえる。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で宿泊事業は激減しているが、フードトラックの「Delta EAST」は屋外のオープンスペースをいうこともあり、利用者は増加している。
今後、この場所を起点とした、まちづくりや地域活性化をテーマとしたコミュニティ形成を進めていくことを検討している。新型コロナウイルス感染症が落ち着いたら、地域との連携を深めるためにも「まちづくり」イベントを開催していく予定である。

・旅倶楽部/三鷹オーガニック農園
三鷹市で農業を体験しながら宿泊できる施設を始動。ファームステイ事業として、ぶどう畑内に設置されたグランピングテント・トレーラーハウスに宿泊しながら、オーガニックにこだわった農業体験ができる。宿泊エリアでは、動物を放牧したりと都会のオアシスとして楽しんでもらえるよう工夫している。
今後は、地域連携として、武蔵野の歴史や文化、自然に触れあえるようなアクティビティの提供、利用者が長期滞在したいと思えるような場作り、食事ができる「農園レストラン」等を検討していく予定である。

・トレイルヘッズ/HINOKO TOKYO
檜原村で会員制キャンプ場「HINOKO TOKYO」をオープン。都内初の薪ストーブで温まるサウナ小屋で、自ら火を起こしてもらうスタイル。体が温まったあとは、そのまま目の前にある秋川に飛び込めるという自然を全身で体感できて楽しむことが出来る。法令関係については、元々、旅館業をとっている施設の付帯施設という位置づけを行うことで、公衆浴場法の申請は不要ということになった。
今後は、サウナの新たな活用としてワーケーション小屋を設置し、「働く、暮らす、遊ぶ」を融合した場作りの提供を検討している。

【事務局所感として】
◆事業者間の連携について
・取り扱うサービスの類似性を共有できたことで、事業者間のシナジー効果等が生まれる可能性がある。
→トレーラーハウス(NiijimaFarmers、三鷹オーガニック農園、多摩車両)
→農園を舞台にした展開(NiijimaFarmers、三鷹オーガニック農園)

・「ワーケーション」を切り口としている事業者が複数存在した。今後の方向性として、事務局がハブ(別事業でのノウハウ提供など含めて)となることで、事業者間の連携も見込めると考える。
→トレイルヘッズとおいねハウス~檜原村のサテライトオフィス(別事業)との連携
→NiijimaFarmersと式根島コワーキングスペース(別事業)との連携

◆事業者の抱える課題について
・閑散期対策
⇒事業者間の課題のひとつとして、「閑散期をどうプランニングしていくか」という意見が多かったことから、今後、実施するモニターツアーなどにより、閑散期においても地域のステークホルダーとの連携や集客に繋げることができる施策展開等を検討していく。
・コロナ禍における集客及び対策
⇒「Withコロナの視点でどの様な施策を推進したらよいか」という意見に対し、事務局側から事例紹介などを提供しつつ、各自で模索しながら、課題解決の一助となるためのモニターツアー等を実施などの提案を行った。
例えば、オンラインツアーなどで関係人口とファン創りを行った後に、現地へ誘客してもらえるような施策なども検討していく。

◆その他
・ターゲットの明確化
⇒個別広報については、各事業者のターゲットを踏まえた媒体選定をしているが、今後の方向性とターゲットの設定が揺らいでいる節も見受けられたので、モニターツアーの企画に向けてターゲット設定等を再度整理及び確認を行う。

他の記事を見る

岩佐十良氏に聞いた、経済合理性だけでは活性化できない。人を惹きつける「サスティナブルツーリズム」の創り方

今後どのようにしてサスティナブルにツーリズムビジネスを構築していけばいいか、そのヒントとは。 掲載先:NewsPicks Brand Design

記事を読む

東京の新しい遊びの場、大自然広がる西多摩地域とは。

都心から2時間ほどでアウトドアやホテルのようなグランピングを体験できる西多摩地域。檜原村でツリーハウスに宿泊したり、まだ知られていない東京体験を満喫してみては?

記事を読む

“東京の自然”からはじまる新たな体験・交流の形とは?「新たなツーリズム開発支援事業」イベントレポート

令和元年9月に、「Nature Tokyo Experienceキックオフミーティング ~多摩・島しょ地域における新たなツーリズム開発支援~ 」が開催されました。

記事を読む

黒﨑輝男さんに聞く、「エクスペ リエンス」ツーリズム。東京の「自然」を生かす、新しい 観光とは。

都心の延長線上にある、「日常に溶け込む自然」。新しい観光のあり方やローカル事業の継続に必要なこと、地域に入っていくときに心がけることとは?

記事を読む

ハイバイ岩井秀⼈が語る演劇と⼩⾦井 23 区外が持つオルタナ精神

ハイバイの岩井秀人が小金井から考える、多摩エリアの魅力と可能性。 目まぐるしい日々で生きていくうちに忘れてしまいがちなオルタナティブな感性が、ここにはある。

記事を読む

このサイトではクッキーを利用しています。サイト利用を継続することで、当サイトのクッキーポリシーに同意するものとします。

同意

Cookie(クッキー)ポリシー

公益財団法人東京観光財団(以下「TCVB」という。)は、https://www.naturetokyoexperience.com/のウェブサイト(「本サービス」)においてCookieを利用しています。本サービスを利用することにより、利用者の皆様はCookieの利用に同意したことになります。

Cookie等の利用方法

本サービスを利用すると、ウェブブラウザまたはローカルブラウザに複数のCookie等ファイルが作成される可能性があります。これらのCookie等を利用して本サービスの利用情報を追跡することにより、TCVBではウェブサイトの効果を測定するとともに、利用者の皆様が本サービスをどのように利用しているかを分析し、改善を図ることができます。また、Cookie等を利用することにより、コンテンツの表示回数や広告の表示回数、クリック数の測定を行うことで、それぞれの利用者に合った情報を提供することができます。
なお、Cookie等を利用した場合でも、サーバーは、利用者の皆様の氏名、電子メールアドレス、その他利用者のコンピューターに関する情報を特定することはできません。
TCVBは、Cookie等情報を広告業者、データ管理者および情報通信企業を含む指定の第三者と共有する可能性があります。

第三者によるCookie等の利用等

TCVBでは、自身のCookie等に加え、利用者の皆様のサイト利用状況に関する情報を収集し、GoogleおよびFacebookなど、ソーシャルメディアパートナー、広告配信パートナー、データ分析パートナーに提供します。各パートナーは、この情報を利用者の皆様が各パートナーに提供した他の情報、または、利用者の皆様が各パートナーのサービスを利用したときに収集した他の情報と合わせて使用する可能性があります。
第三者のCookie等の使用方法として、TCVBは、例えばGoogleアナリティクスを利用して、ウェブサイトのトラフィックの計測および利用者によるTCVBのウェブサイトの閲覧内容の分析に利用します。また、市場調査の実施、ウェブサイトの機能またはコンテンツの改善に利用します。
パートナーには、欧州経済領域(EEA)外(プライバシー法がEEA諸国の基準と異なるか、EEA諸国の基準よりも保護が厳格でない国や地域を含みます)に所在するパートナーが含まれる可能性があります。これらの国のデータ保護法は、利用者の所在国のデータ保護法と異なる可能性があり、EEA内において利用者に保障されている権利の多くが付与されていない場合があります。TCVBは、EU一般データ保護規則などに基づく一般的な契約条項を実施することにより、利用者の皆様のCookie等の保護について、十分な措置が講じられるようにします。

Cookieの無効化

利用者の皆様ご自身でブラウザの設定により、Cookieを使用しないようにすることも可能です。
その場合でも当サイトの閲覧に大きな支障を来すことはございません。ただし、Cookieを無効にしてもブラウザ内の既存のCookieは削除されないため、利用者の皆様ご自身のブラウザ内で別途削除を行う必要がございます。削除方法については、各ウェブプラウザのヘルプページをご覧ください。